建築現場

下屋のある家 立川市T邸

立川市の「下屋のある家」の大工工事がまもなく終わります

 %e5%b7%a5%e4%ba%8b%e4%b8%ad%e5%a4%96%e8%a6%b3

 建主のT様は、今回の建替え前に住んでいたお家で

「LDKが暗く、家全体が寒い」という悩みをお持ちでした

 

そんな中、T様は当社の出した冬の広告の

「真冬に素足、半袖で暮らせる家」

に興味を持ち、展示場に来場されました

 

お打合せをしていく中で、T様のお知り合いが

当社で家を建てたOBのお客様だという事が解りました

 その後、T様がOB宅におじゃました時に

「1年通して快適な家だよ」と実感のこもったお話を聞いたようです

 

 私達スタッフも、OB様に喜んでもらえているのが解る

とてもうれしいエピソードでした

 

 

「下屋のある家」の建築地は立川市の閑静な住宅街にある

建蔽率40%/容積率80%の地域です

この地域では、建てられる面積を目一杯使おうとしても

敷地の4割に総2階の家しか建てられません

 

T様の敷地は、この住宅街の北西の角地にあります

角地の緩和を利用する事で建蔽率が50%となり

角地で無い家よりも、1階を10%も多く計画する事が出来ます

その場合でも、容積率は80%と変わりませんので

1階を50%使えば2階は30%しか使えません

 

T様の要望は、2階が2部屋で良かったため

建蔽率を目一杯利用して、1階を大きくする事で

LDKだけでなく、希望していた和室もとれました

 

外観でも、1階が2階より大きいため

1階に屋根の掛かる「下屋」と呼ばれる部分が

あるのも特長的です

 

 

 

 

 

静岡県御殿場市 コッツウオルズストーンの二世帯住宅~その2

静岡県御殿場市の二世帯住宅が、外装工事まで終わりました。

img_1220

総3階建てプラス小屋裏収納の4層の建物です。

下から見上げると建物の高さに圧倒されます。

外装は、コッツウォルズストーン貼りで、乾式施工としています。

「コッツゥオルズストーン」は、イギリスのコッツウォルズ地方で採掘される石で、

別名「ハニーストーン」と呼ばれる蜂蜜色の天然石です。

この石を仲間の業者さんが直接現地から買い付け、貼り付け工事までを

一貫してやっていただいているので、間接経費もかからないですし、

石を知り尽くしているのでとても安心です。

石やタイル、レンガといった外装の貼り付け方法は、大きく「湿式」と「乾式」と

2つに分けられます。

外壁のモルタル下地に貼り付けていくのが「湿式」なのですが、

ウェルダンでは剥離や落下の恐れもあることから、「乾式」工法で施工しています。

外壁にガルバリウム鋼板のガイドレールを留め付け、そのガイドレールに背割りをした石を引掛け、最後に石と石の間に目地を入れるという方式を採用しています。目地は、石になじむベージュとしてあります。

地震の時にも落下の心配が無く、安心の工法です。

img_0189

凹凸感もとてもよい感じで、1つとして同じ表情をしている石はなく、

葉っぱや貝の化石、水晶が入っているものも散見されます。

見ていて飽きない石で、お施主様ご家族の皆様もとても

満足いただけているようでした。

お値段は外装材の中では最上級ではありますが、一生飽きずに

いられて、しかもメンテナンスが一切不要という実用性もある材です。

img_0203

お施主様はこのコッツウォルズストーンに魅入られ、

「外部だけではなく家の内部にも貼りたい!」とご希望されたため

建築中に急遽玄関ホールにもコッツを貼ることとなりました。

ハニーストーンに比べグレー系のコッツウォルズストーンとし、目地もグレーに合わせました。

荘厳な雰囲気で、神殿のようでもあります。

ちなみに白い扉はエレベーターの入口扉です。

完成まであともう少しですが、職人一同喜んで住んで頂ける家になるよう

最後まで気を引き締めて頑張ります。

 

三鷹市のバレエレッスン室のある家

   先日、三鷹市で建物が竣工し、無事お引渡しとなりました。

お施主様がウェルダンのモデルハウスに初めて見学にいらして頂いたのは、およそ1年半ほど前となります。

住替えであったため、土地の候補地が見つかるとアドバイスをさせて頂き、8ヶ月ほどかかり建築地をお決めになりました。

お時間がかかった分、モデルハウスで、真冬に地熱利用の蓄熱式床暖房の体験をして頂き、真夏にはわずかなクーラーだけで全館が涼しいという、ウェルダンの快適住宅を確かめて頂くことができました。

奥様が本格的にバレエをしていらっしゃるため、2階に広めのレッスン室を計画してあります。

IMG_0146

壁面にバレエバーや鏡を施工し、床の仕上材にはバレエ室用に開発された東リの「TMフロア」を全面に施工しました。

クッション性やすべりにくさなど、優れた商品です。私も飛び跳ねてみましたが、素人の私にはそのすごさまではちょっと分かりませんでした。

 

IMG_0144

階段室のクロスは、異次元空間のような素敵なものとなっています。

IMG_0137

フローリングにコーティング施工をしたため、深みのあるツヤがでています。

通常フローリングは結構滑るものですが、コーティング施工をすると全く滑らなくなりより安全です。

特に階段に施工すると、滑って転落するリスクを減らせますので、とてもお勧めです。

最近は大半の方がご選択されています。

ちなみにツヤがないタイプもあり、表面の硬度も数種類あり、お好みに応じてチョイスできます。

IMG_0133

キッチンは、対面型がお好みではなく独立型となっています。

一部パソコンカウンターを設け、家計簿付けやレシピチェックなどが室内で完結できるレイアウトになっています。

建物お引渡しをお施主様は大変喜んでいらっしゃっており、我々スタッフ一同も嬉しく光栄に思いました。

 

御殿場市のコッツウォルズ・ストーンの二世帯住宅

 静岡県御殿場市で全面コッツウォルズ・ストーンの外壁で

総3階建て+小屋裏のある2世帯住宅が着工しました

延床面積100坪近くの、超大型住宅です。

写真では大きさが分かりにくいですが、当社オリジナルの地熱基礎も圧巻のオオキさです。

N邸床暖配管

今回の家づくりは、何年間か大手ハウスメーカーを
何社も見学された中、ご要望にかなうメーカーが無かったところでウェルダンのことをお知りになっての家づくりとなりました

「性能の良さ」と「注文住宅ならではのお客様にあった提案」を
気に入っていただき無事着工する事が出来ました

今回は2世帯住宅という事もあり、
1階だけではなく、3階にも蓄熱式床暖房「ウェルダン」を計画しました。
ホームエレベーターの設置もあります

富士山を眺望できる立地で、こだわり抜いた素材で仕上げた建物の
完成が今から楽しみです

小平市の現場・・・お引渡し

小平市の現場が、無事お引渡しとなりました。

IMG_0029

順調に工事が進んだため、当初の予定よりも若干前倒しにてのお引渡しとなりました。

お施主様はかつて建築行政のお仕事に携わっていらした方で、

そのような「プロ」にご依頼いただけたことを、スタッフ一同誇らしく思います。

IMG_0030

クリーニングされた床のフローリングがピカピカと輝いています。

ちなみにクリーニング業者さん自身も、去年ウェルダンにて自宅を建築して下さいました。

IMG_0032

階段ホールにぶら下がるペンダントライトですが、

白い電球のようにみえる部分が、ガラスではなく柔らかいゴム状の商品です。

地震で揺れて球同士がぶつかっても、決して割れないので安心ですね。

IMG_0035

浴室の白いタイルは、LIXILの「フリーセント」という商品で、

ひだひだの縞模様がよい雰囲気をかもしだしてくれています。

天井はウェルダンならではのパイン貼り。

暖かいお風呂では、真冬でも湯気がほとんど立たないため、

天井に木材を使用しても全く問題ありません。

もちろんお手入れも不要ですし、黒ずむ心配もありません。

 

お施主様は、これから家具を買い揃えるとのことで、ウェルダンの家に暮らすことを

とても楽しみにしてくださっていました。

国立市のモダン住宅 完成写真 その3

今回の国立市のモダン住宅の完成写真はロートアイアンの手摺です

アイアン手摺5

回り階段部分はロートアイアン製の手摺を特注で作成いたしました

アイアン手摺2

開放感がある中、子柱のネジリがアクセントになり存在感抜群です

アイアン手摺4

アイアン手摺3

玄関手摺・階段手摺もロートアイアン製

曲線の手摺がシンプルな空間にアクセントとなっています

木製の手摺も良いですが、ロートアイアンの手摺は

見てるだけでも素敵ですね

 

国立市のモダン住宅 完成写真 その2

国立市のモダン住宅の完成写真の続きです

 

お施主様のこだわり抜いた輸入タイルは床だけでなく

壁にもたくさん使われています

エントランス壁

エントランスホールにそびえ立つ圧巻の

「天然大理石」貼りの壁

キッチン壁タイル

キッチン横は2種類のタイルをランダム貼りに

ニッチ

背面収納の壁やニッチにはガラスのモザイクタイル使用

洗面壁

洗面のバックガードと浴槽のエプロン部分には

窯変釉と波打つモザイクタイルにクラシカルな

彫刻ガラが混ざっています

フロタイル

浴槽の壁は600角の無釉タイル

素地の質感がとても良いですね

 

こんなにたくさんのタイルを使用していますが

上手に使い分けが出来て素敵な空間になっています

 

国立市のモダン住宅 完成写真 その1

  国立市のモダン住宅の完成写真をUPします

 

お施主様が最後までこだわり続けた輸入タイルは

蓄熱式床暖房の家ならでは!

冬でも床のタイルが暖かいので

「デザイン+快適」 を兼ね備えています

キッチンタイル

↑ DKの床のタイルは800角を使用!大きいですね~

書斎

↑ 書斎の床タイル400×800角のランダム貼り

1Fトイレ

↑ トイレのタイルも500角の半磨き仕上げ

 

輸入タイルのもつ風合いがシンプルな空間に

アクセントとなり、とても素敵ですね

埼玉県飯能市のアジアンテイストの家

埼玉県飯能市で竣工、お引渡しをさせて頂きました。

土地探しの段階からご相談頂き、1年に渡りお打合せをさせて頂いた

物件なので、無事お引渡しができたことが感慨深かったです。

 

CIMG2008

外観は、シックなダークブラウンの木目調サイディングです。

30年間に渡り定期的な塗装が不要な超高耐久タイプとし、

さらに目地も30年間打ち替え不要のものを採用し

「メンテナンスフリー」を実現しました。

 

CIMG2007

内装は、ずばり「アジアンテイスト」。

ご親類にインドネシアで暮らす方がいらっしゃる関係で、

現地に行かれることも多いとのこと。

インドネシアなどのバティック(Batik)風の壁紙と、木部のダークブラウンとが

とても素敵な雰囲気に仕上がりました。

 

CIMG1998

キッチンはタカラスタンダード社製のホーローキッチンです。

お施主様が今までタカラのキッチンを使用してきたため、

今回もというご希望で採用となりました。

 

CIMG2000

浴室は、TOTOのネオマーブシリーズで

美しいラウンドフォルムと、そのラウンド部に腰掛け

半身浴ができる商品です。

もともと浴室でもカビの発生の少ないウェルダンの家ですが、

今回浴室のコーティングを行い、さらなる汚れ防止を図りました。

 

お施主様にも大変お喜びで、ご入居を楽しみにしてらっしゃいました。

 

国立市の高台の家

  国立市の高台の家が着工いたしました

(今年は国立市で2棟目です)

計画敷地と前面道路ともに高低差が有り

着工するまでに色々とクリアしないと

いけない条件がありましたが、無事に着工いたしました

KC4H0123基礎鉄筋2

高台なので景色が良く、今回は南側の2階に

お風呂の計画をしておりますので

湯船につかっての景色が楽しみです

 

 

資料請求・お問い合わせ・モデルハウスへの来場予約資料請求・お問い合わせ・モデルハウスへの来場予約

電話でのお問い合わせ

TEL. 042-525-8411

※モデルハウスは予約無しでもご見学いただけます。

電話でのお問い合わせ / TEL. 042-525-8411

※モデルハウスは予約無しでもご見学いただけます。

ページの先頭へ