HOME施工例埼玉県川越市K邸

埼玉県川越市K邸

外壁はベルギーレンガを使用しました。フランス語で「桜の花びら」という意味の「アルバローズ」色という淡いピンク色の物を使用しました。とても落ち着いた高貴な雰囲気を与えます。一般的なレンガ材と比べてもベルギーレンガは一枚一枚に形や色幅に違いがあり、味わい深い表情の豊かさがあります。また、経年変化で美しくなる品格はベルギーレンガ独自のものです。レンガを壁に貼る際、大きく分けて2つの施工法があります。石やレンガを積み上げて、モルタル下地に張り付けていく湿式工法施工とスライス加工されたレンガの上側面に溝を入れて金属レールにはめ込み、その上に目地を入れる乾式工法施工です。乾式工法は、湿式工法に対して乾燥待ちの必要がないことにより、スピーディーな施工が可能です。また、シートにしっかりとはめ込んで固定することから、地震や台風などの際にも落下の危険がなく、安心かつ安全な施工技術であるといえます。そのためウェルダンでは、ベルギーレンガは乾式工法により施工をしています。

お施主様は一年以上の時間をかけて大手ハウスメーカーさん含む数十社を巡り、ご自身の納得の行く家づくりができるハウスメーカーを探しておられました。その中で当社代表の著書人生が変わる家づくりを読み、当社の家づくりに興味を持ってモデルハウスにご来場くださいました。「ウェルダンさんの計画換気の仕組みはダントツで良いものだ」と家の性能に感動していただき、今回ご依頼いただきました。ご家族に車椅子の方がいらっしゃいましたが、当社モデルハウスに来場いただいた際も展示場内を車椅子で見学頂きました。当社モデルハウスは上り框が低かったり各空間の間に段差がないことにより、車椅子の方にもスムーズにご案内できます。

 

 


このお家のブログ記事はこちらから

埼玉県川越市のベルギーレンガのお家が完成しました♯1

埼玉県川越市のベルギーレンガのお家が完成しました♯2

 

▼ これより下の写真はクリックすると拡大表示されます

2Fには、あえて居室ではなく廊下兼ホールである、写真の中央の部分に作業用のデスクを置き、1Fにいる方々とコミュニケーションを取りやすい環境設定を施しました。
お施主様のご要望により、2Fにいても1Fの生活の様子を感じることができるよう、吹き抜け部分を設けました。
トイレは約3畳の広々とした空間になりました。
各部屋の開口枠や扉も広めに設計しており、
体が不自由なご家族の為に車椅子でも不自由のないような工夫が施されています。廊下は一般的な廊下と比べても広めの1m以上の幅を設け、スムーズに移動できる動線を確保しました。
浴室はタカラスタンダードの鋳物ホーロー浴槽「ルヴィアス」を採用しました。
メープルの無垢の木を、収納とカウンターに使用しました。明るく 華やかで、艶のある木肌の美しさを感じられます。
1Fの洗面台はWoodone社製の無垢の木の洗面台シリーズを採用しました。
疲れた体を休める寝室に、本物の木を貼って癒やしの空間とするところに、お施主様の家づくりへのこだわりが感じられます。
1Fと2Fの寝室には一部パイン材を使用しました。
体が不自由なご家族の為に車椅子でも不自由のないような工夫が施されています。廊下は一般的な廊下と比べても広めの1m以上の幅を設け、スムーズに移動できる動線を確保しました。
リビングの照明は吹き抜け、玄関ホール、階段と同じシリーズの照明を揃えました。
ダイニングの照明はコイズミ照明のペンダントライトを採用しました。
1階LDとホールには一部に、外装と同じくベルギーレンガのアルバローズ色を貼りました。
LD側と寝室側どちらにもに扉を設け、両方から出入りが可能としました。
1Fにタタミコーナーを設けました。畳表はイグサではなく和紙でできています。和紙のおもては、イグサと比べてカビやダニの発生増殖が起きづらく、お手入れが簡単です。また、イグサでありがちな日焼けもほとんど無く、色合いそのままで長く使うことができます。和紙の畳表は多くのカラーバリエーションが有り、フローリングとの相性もばっちりで、伝統的な和室から現代風の洋室まで空間のつながりに違和感なくコーディネートが可能です。
窓には、ニチハ製の装飾よろい戸を採用しました。シンプルでクラシカルなアメリカンテイストの装飾よろい戸が、窓周りの表情に優しさと華やかさを与えます。耐衝撃性、形状安定性に優れたABS樹脂素材を、表層には耐候性に優れたメタクリル樹脂を使用しています。かまち組製品ならではの重厚な質感があります。
外壁はベルギーレンガを使用しました。フランス語で「桜の花びら」という意味の「アルバローズ」色という淡いピンク色の物を使用しました。とても落ち着いた高貴な雰囲気を与えます。一般的なレンガ材と比べてもベルギーレンガは一枚一枚に形や色幅に違いがあり、味わい深い表情の豊かさがあります。また、経年変化で美しくなる品格はベルギーレンガ独自のものです。レンガを壁に貼る際、大きく分けて2つの施工法があります。石やレンガを積み上げて、モルタル下地に張り付けていく湿式工法施工とスライス加工されたレンガの上側面に溝を入れて金属レールにはめ込み、その上に目地を入れる乾式工法施工です。乾式工法は、湿式工法に対して乾燥待ちの必要がないことにより、スピーディーな施工が可能です。また、シートにしっかりとはめ込んで固定することから、地震や台風などの際にも落下の危険がなく、安心かつ安全な施工技術であるといえます。そのためウェルダンでは、ベルギーレンガは乾式工法により施工をしています。

資料請求・お問い合わせ・モデルハウスへの来場予約資料請求・お問い合わせ・モデルハウスへの来場予約

電話でのお問い合わせ

TEL. 042-525-8411

※モデルハウスは予約無しでもご見学いただけます。

電話でのお問い合わせ / TEL. 042-525-8411

※モデルハウスは予約無しでもご見学いただけます。

ページの先頭へ